Cellist Ranna Sakimoto 

崎元蘭奈 プロフィール

神戸山手女子高校音楽科卒業。中村整氏、田中次郎氏、上村昇氏に師事。京都市立芸術大学音楽学部弦楽専攻卒業。大学在学中に選抜メンバー21名に選抜され渡独。ドイツ・カールスルーエ音楽大学教授 W.ヤーン氏の下で室内楽の研鑽を積み、数々の演奏会に出演する。 帰国後、渡独メンバーとともに「京都室内オーケストラ」を結成、京都、大阪にて公演。その演奏が評価され、翌年、京都・バロックザールにて最優秀賞(バロックザール賞)を受賞。記念コンサートをフランス・パリ、ドイツにて行う。

関西を中心にソロ、室内楽、オーケストラの客演奏者として各地で演奏活動を行う。クラシックのみならず、日本人著名アーティストのライブサポートやレコーディング、映画のサントラ録音にも参加。2013年6月、エリーゼ・シャインオーケストラ、2014年2月、びわこの風オーケストラとドヴォルジャークのチェロ協奏曲を共演。2017年3月にはフランス演奏旅行、同年9月にはステージ「金閣寺音舞台」のオーケストラに参加、全国TV中継で放送される。同11月には皇太子夫妻が参加する「全国育樹祭」イベント(香川県まんのう町)での御前演奏に参加。2018年6月にはドイツ公演演奏旅行、5月~8月には東京、大阪、名古屋にてミュージカル「モーツァルト」のオーケストラに参加予定。

アンサンブル神戸・常任トゥッティ・チェロ奏者。神戸コンチェルト専属アーティスト、アイネ・ミュージック・ビューロー音楽教室主宰。アーティストスタジオ「ars nova(アルスノーヴァ)」共同代表。2017年9月にファーストCDアルバム「風の音」をリリース。2018年4月にはファンクラブ「オーキッド(Orchid)」が結成される。